医療訴訟の相談先

いわゆる医療ミスと呼ばれる医療過誤ですが、これにより被害を受けたのではないかと思った場合の相談窓口がどこなのか疑問に感じ、インターネット上だけでもQ&Aサイトなどで相談している人がたびたび見受けられます。


公共機関のようなところでも相談窓口を設置していることがありますが、実際に相談したとしても解決にまでは至らず、最終的に力を借りなければいけないのは法律の専門家です。
実際、相談窓口でも弁護士会などの紹介をおこなっているのですが、二度手間を避けたい人は最初から相談したい法律事務所などを探したほうが早いでしょう。


医療過誤による責任を追及したい場合には医療訴訟の提起を検討しますが、依頼する弁護士選びは慎重におこなう必要があります。
選定のポイントとしては医療訴訟の実績が豊富で、多くのトラブルを解決に導いているか、医学に精通していて豊富な知識を有しているか、私的鑑定意見書を作ることが可能な協力医がいるかが外せません。


医療訴訟は患者側が圧倒的に不利なのが現状ですので、そもそも勝訴の実績がある弁護士でなければいけませんし、医学知識がなければ勝利できるわけがありません。
また、裁判で提出する私的鑑定意見書を作る協力医がいなければ、提訴をおこなうことすら不可能なのです。


費用の問題より上記のことを重視して相談先を選ぶことが円満解決の可能性を高めますが、当サイトではわかりやすく相談から解決までのプロセスを解説します。
事前に医療訴訟の流れを把握し、スムーズに行動するための一助となれば幸いです。


Copyright © 2014 医療訴訟を円満に解決 All Rights Reserved.